Dec 2, 2008

プノンペンホテルでの強盗

ここでは、人物を特定できるようなことは言わないが、注意喚起のため報告。

11月の最終週、ある人がプノンペンホテルで強盗にやられた。深夜、犯人は、窓の鍵受けを壊して、進入。酒で熟睡している宿泊者に、さらに催眠スプレーを吹きかけて、犯行に及んだ。宿泊者が起床したときには、部屋の中があらされまくれ、私物がベランダに散乱していた。室内にあった、パソコン、ポケットの中の現金(ドル・円)、携帯電話(カンボジア用・日本用)、その他時計などの貴重品が、すべてやられ、被害総額は50万円以上。犯行は、手馴れたプロの仕業と思われ、窓の破壊の仕方から、盗む品物・保管の場所まで熟知していた模様。なぜか、ベランダに荷物がぶちまけてあったため、朝、宿泊者自身で、窓を乗り越えて回収しなければならない羽目に・・・・。なんと、そこに、鉄パイプが!つまり、宿泊者が眼を覚ましたら、危害を加える為に準備していたようだ。もし、宿泊者が気づいていれば、パイプとか刃物とかで・・・・。

今回の問題点
①ベランダから容易に進入できる2階であったこと。
②開けられたカーテンや電気の付けっ放しなど、室内の状況を外から容易に確認できたこと
③宿泊の情報が事前に漏れていた可能性(日本政府関連事業)

カンボジアで私たちが宿泊する際の注意点
①事前にホテル・部屋の下見をしてから、泊まること。
②不在時・睡眠時には、中の様子がわかるような状況を作らないこと。戸締り
③過去の事件やその地区の治安状況を聞き出しておくこと。
④信頼できるホテルを選ぶこと。
⑤貴重品は、すべて金庫に保管すること。
⑥ホテルはやめて、友達の家に泊まる。(わたしは、数ヶ月間、カンボジアの友達の家に居候していた。そのほうが安全)


でも、今回は、プノンペンホテルでの事件。私も一度、行ったことがあるが、サービスもグレードも良く、信頼できる雰囲気であった。それに、周囲は、道路に囲まれ、隣接ビルは、少し離れているので、安心感もあった。でも、やはりカンボジアでは、日本のようにはいかないようだ。
とにかく、私は、被害者の人が、無事に日本に帰ってこられて、また再開できたことでほっとしている。(この人は、ホテルでの強盗とタイ航空のトラブルでカンボジア出張はさんざんだったと言っていた。)

2 comments:

Anonymous said...

カンボジアのホテルでこんなひどいことがあるって初めて聞きました。ゲスト・ハウスは遠慮したほうがいいと思います。評判のあるホテルなら、こんなことがあるはずはないと思います。

nisshi? said...

JI●EもしくはJIC▲の人に聞けば、わかりますよ。